消費者金融カードローンの仕組み

この記事では消費者金融に焦点を絞り、「消費者金融とは?」「銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い」「消費者金融からお金を借りるときに注目ポイント」などを紹介します。

 

消費者金融とは?

 

消費者金融とは、個人に対して少額の融資を行うことを主な業務としている金融機関のことです。

 

銀行・信販会社・クレジットカード会社との違い
銀行・信販会社・クレジットカード会社と消費者金融の違いを知るには、それぞれの特徴を把握する必要があります。
銀行・信販会社・クレジットカード会社の主な特徴は以下のとおりです。

 

金融機関の種類、主な特徴

 

銀行・預金もしくは定期積金を受け入れている
・資金の貸し付けまたは手形割引を行っている
信販会社自動車ローンやショッピングローンなど、信用取引で得られる利子や手数料を主な収益源としている
クレジットカード会社クレジットカードを発行している
銀行の定義とは、「普通預金もしくは定期預金を扱っている」「お金の貸し出しもしくは手形割引を扱っている」ことです。
消費者金融と銀行は、個人向けにカードローンを提供してお金を貸し出している点で同じですが、消費者金融は預金業務を行っていません。預金業務の有無が消費者金融と銀行の大きな違いです。

 

信販会社は自動車ローンやショッピングローンなど、本来は利用者が支払うべき商品代を一時的に立て替え、利息を得るのが主な仕事です。
消費者金融は利用者に現金を貸し出すのが主な仕事なので、消費者金融と信販会社は仕事の内容が違います。

 

クレジットカード会社とは、クレジットカードを発行している会社のことです。クレジットカードを発行している会社はクレジットカード専門業者のほか、信販会社、消費者金融などがあります。
つまり、信販会社や消費者金融の中には、クレジットカード会社を兼ねているところも存在します。

 

たとえば、オリエントコーポレーション(オリコ)やジャックスは自動車ローンやショッピングローンを扱う信販会社ですが、クレジットカードも発行しているので、信販会社とクレジットカード会社を兼ねています。
アコムは消費者金融ですが、クレジットカードも発行しているので、消費者金融とクレジットカード会社を兼ねています。

 

消費者金融と銀行、消費者金融と信販会社は違いが明確ですが、消費者金融とクレジットカード会社は被る部分もあります。それぞれの違いを理解した上で、自分の目的に合ったものを利用しましょう。

 

ヤミ金と消費者金融は別物