お金を借りる理由

お金を借りる理由? スムーズに借りるための言い訳を一緒に考えましょ!

 

パチンコや競輪などのギャンブルでお金を使いはたしてしまったり、ブランド品を買いすぎで浪費でしたとき、あまり人には知られたくないですよね。

 

ましてやそれを理由にお金を借りるのは、かなりハードルが上がってしまいます。

 

上手に言い訳して、できるだけ嫌な顔をされずにスムーズに貸してもらいたいものです

 

みんなはどんな言い訳をしているのでしょうか?

 

バレやすい言い訳はあるの?

 

金融機関から借りるときは違う理由を書いていいの?

 

なんでも正直に話す方がいいの?

 

本当の理由を隠すというこがかっこ悪い理由と感じているなら、このような疑問が頭に浮かんできますよね。

 

ここではそんな、お金を借りるときの言い訳について考えていきます。

 

金額によって、言い訳も変わってきます。1,000円必要なときと100万円必要なときの理由が同じではおかしいですよね。

 

ここでは借りたい金額ごとに、みんながどんな言い訳をしているのかご紹介します。

 

1,000円借りる時では、「カードにチャージしてしまって現金がない」や「財布に小銭しか入ってなかった」などでOKでしょう。

 

1万円借りる時では、「キャッシュカードを家に置いてきた」で十分対応できます。

 

10万円借りる時では、少し理由が必要になります。「結婚式が重なってしまった」「車が壊れてしまった」「急な出張が入ってしまった」などでしょうか。
これくらいの金額になると、「きちんと返すから」ということを伝えることが重要になります。

 

100万円借りる時では、「保証人になって返済を迫られている」「通勤のために車を購入したい」「仕事のために英会話スクールに通いたい」などが思いつきますが、言い訳だと後で大変なことになることを理解したうえで慎重に言い訳を選びましょう

 

バレやすい理由もあります、例えば

 

「親が入院してお金が必要になった」
「光熱費が払えない」
「引っ越しをしなくてはいけない」

 

どれも本当っぽく感じるかもしれませんが、実際に本当だと思われて、いろいろ対応されて困ってしまうことも有りますのでバレない言い訳を考えましょう。

 

上手く隠しているつもりでも、SNSの投稿によってバレてしまう場合もあります。

 

例えば「結婚式が続いてお金に困ってる」と言って借りたのに、SNSで結婚式に行ったような形跡がまったくなかったり、「出張の費用」として借りたのに、出張先ではなく地元からの投稿しかなかったりするとバレます。

 

SNSには様々な人のつながりがあり、些細なことから辻褄が合わなくなります。

 

嘘をつくときには、あらゆることをチェックされているつもりで、場合によってはアリバイも作っておく必要があります。

 

頻繁にSNSに投稿している人は注意してください

 

嘘がバレるとどうなるの?

 

人間関係には大きな問題になります。相手は「騙された」という気持ちになりますし、さらにあなたは「嘘をついてでもお金を借りる信用のできない人」という目で見られることになります。

 

もしあなたが逆の立場なら、以前と同じような関係を継続できますか?たとえ完済したとしても、「騙された」という事実は消えません。

 

信用をなくすということは思いのほか大きなことです。何十年かけて築いてきた関係が一瞬で崩れ落ちてしまいます。人を騙すというのは、そういうリスクがあるということも覚えておきましょう。

 

カードローンの契約時に別の理由を言うとどうなる?

 

知人や家族ではなく、金融業者からお金を借りるときに、別の理由で申告するとどうなるのでしょう?これは2つのケースが考えられます。

 

「使用用途が自由」と「使用用途に制限がある」です。

 

使用用途が自由な場合には、どんな理由で申告しても問題ありません。

 

用途に制限がある場合は、虚偽の申告のため、一括返済を迫られる可能性がありますので嘘はやめましょう。

 

用途自由は、何に使ってもいいわけですから、本当なのかどうかを判断する方法がありません。

 

カードローンという商品がそういう性質のものですので、申告した内容以外に利用しても、特におとがめはありません。

 

知人や家族から借りる場合でも、金融業者から借りる場合でも基本的には、正直に話すことが一番いいです。

 

資格取得のため
自動車やバイクの購入
冠婚葬祭の出費
子どもの進学費
一時的な出費

 

このような理由の場合は、隠すことなくそのまま伝えましょう。

 

金融業者であれば、前向きな借金や、確実に返済できる借金というのは、問題ない限り融資を認めてくれます。

 

買い物でも、生活に必要なものなら問題ありません。

 

信頼関係を維持したいのであれば、恥をかくことから逃げないようにしてください。

 

切り出すのが恥ずかしくても、本当の理由を伝えてお願いするのが一番です。

 

バレたときに失うものの大きさを考えれば、自然とそういう判断ができるはずです。

 

まとめ

 

ギャンブルで負けたり、浪費でカードの請求額が膨れ上がったりしたら、そのことを誰にも知られたくないですよね。

 

でも手元にお金がないから、ついつい言い訳をして、家族や知人からお金を借りることのある人は多いのではないでしょうか。

 

嘘も方便ですがバレたときのリスクも考えておく
理想は正直に話をすること
借りる相手や金額に応じてアプローチの仕方を変える
カードローンでは申告した内容以外の使用も可

 

何でも正直に話をする必要はありませんが、事実と異なる理由を言ってお金を借りるときには、それがバレたときのことまできちんと考えておきましょう。

 

友人や恋人の場合は、それがきっかけで縁遠くなることもあります。

 

それを回避するには、恥をかいてでも正直に理由を話すしかありません。

 

本当のことを話し、誠心誠意でお願いしましょう。そのときには、必要な額によって相手を使い分け、相手が貸したくなるような方法でアプローチしてください。

 

どうしてもバレたくないのであれば、金利はかかってもカードローン商品を利用しましょう。

 

カードローンであれば、使用用途は自由ですので、申告した用途以外にも利用することが可能です。

 

ただし、商品で禁止されている用途に使用すると、一括返済と解約を求められる可能性がありますので注意してください。

 

 

お金を借りたい場合に役立つおすすめサービス

そこで、まずはお金借りる方法として保証人・担保なしで、早く借りたい」を満たしてくれるサービスをご紹介します。

 

「早く借りたい」場合は、プロミスアコムなど、大手消費者金融のカードローンを選択しましょう。大手消費者金融は融資スピードが早く、申し込みから借り入れまでの手続きが最短1時間だからです。

 

 

プロミス

プロミスは、全ての手続きをWEB上で完結できる消費者金融です。カードローンはすぐにお金を借りたい人にメリットの多い金融商品です。さらに、駅前等にある自動契約機を利用すれば、当日中に融資を受けられます。

 

※プロミスの広告挿入※

 

 

SMBCモビット

更に、親や友人にバレずにお金を借りたい人は、電話連絡なしのカードローンを利用しましょう。電話連絡なしのカードローンであれば、自宅や勤務先に電話連絡が入ることがないため、親や友人にバレずに生活費を工面できます。

 

大手消費者金融のSMBCモビットは、公式サイトで唯一、「WEB完結なら電話連絡なし」を明言しているカードローン会社です。

 

SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡なしで契約手続きまで完了できるだけでなく、自宅への郵送物もありません。

 

そのため、今すぐに誰にもバレずにお金を借りたい人は、SMBCモビットへ申し込みましょう。

 

※SMBCモビットの広告挿入※